普段使っていたSIMフリーのNexus 5Xが、1年くらい経って電源が突然落ちるようになりました。
紆余曲折あり、自分自身でバッテリーを購入して交換することにしました。
GoogleのNexus窓口へのサポート相談の流れと、自分で交換する流れについてまとめてみました。

突然死するようになったNexus 5X

満充電のはずのNexus 5Xが、1時間もかからずに電源が突然落ちるようになってしまいました。

cwyzo2kukaa11hn-1

46%であと約16分という脅威の電池の減りっぷりです。

本体が異様に熱くなり、充電率が30%くらいのところで突然電池が落ちるようになってしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よーくみると、指紋センサーの下に隙間があります。
ちょうどそこはバッテリーの付いている箇所です。
この浮き始めたのがきっかけで、バッテリーの異常な膨張を確信しました。

Googleのサポートで相談してみる

まずはバッテリーのサポートや交換を公式にしてもらえないか?をGoogleのサポート窓口へ相談してみました。
過去に2人ほどGoogleへ問い合わせて、本体を交換してもらえた知人がいたので、ちょっと期待していました。
問い合わせ先は Nexus Help です。

Googleのサポートページは、”CONTACT US”というメニューからチャットで相談することが可能です。
c6804718f1279901bd2772b1020143ad

このメニューは、日本語の設定では出てこないのですが……
a6ecafe3a6e04d8b569dddc705f3c214

左下の言語設定を英語へ切り替えると、”CONTACT US”が出てきます。
9d057eea4fb108a5c77e3f0de9367064

チャットをリクエストして、5分もかからないくらいで、サポート窓口とのチャット相談を開始することが出来ました。
症状を伝えつつ、可能であれば本体交換やバッテリー修理をサポートしてもらえないか?と相談して、IMEIを伝えます。

残念ながら保証期限切れだったため、交換不可能ということがわかりました。
そんなこんなで、自力で直してみることにしました。

FIXEZでバッテリーとドライバーキットを買う

検索してみると、いくつか交換バッテリーが売っているお店があります。
fixezのNexus 5Xのバッテリーとドライバーセットを購入しました。
b69fd72e8863cb34d3de66b076fb770f

1週間くらいで届きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本だとAmazonなどで手に入ります。値段もバッテリーは1800円くらい、工具は1000円くらいと、お手頃な値段です。

実際にバッテリーを交換してみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際にバッテリーを交換していきます。
YoutubeにはNexus 5Xの分解交換動画がいくつかあるので、それを参考に進めていくのがオススメです。
私は、Nexus 5X Battery Replacement Repair Guideという動画を見ながら交換していきました。

プラスチックのケースを外す

「これ、折れるんじゃないか?」と不安になる作業なのですが、
怖がらずに、三角形のオープナーを差し込んで、軽くひねりながら外していきます。

ネジを10箇所外す

ef365d4f76ca5de924ac3ea3373a900c

さっきのyoutube動画を参考にしながら、ネジを10個外していきます。

プラスチックフレームを2つ外す

pb120051-3

ここもまた力の入れ具合が怖いのですが、ネジを外した後に、三角形のオープナー等を使いながら、そーっとプラスチックフレーム2つを外します。
バッテリーの刺さっている箇所が見えてくるので、ドライバーを使って端子を開けて、ケーブルを抜いて、バッテリーを外していきます。

バッテリーがマザーボードと接着されているため、外すというよりは、剥がすような作業に近いです。
プラスチックのスティックなどで剥がそうとすると、スティック側が折れるので、少しずつ接着剤を削いで剥がしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左が古いバッテリー。右が新しいバッテリー。
見るからに、大きさが異なってました。

新しいバッテリーはめて、ケーブルを端子に差し込んで「パチン!」と音が出るまで押し込みます。
ネジをもどす前に、電源が入るかどうかのテストだけ済ませてしまうのをオススメします。
無事起動して一安心したら、フレームを戻して、ネジを戻して、プラスチックケースをはめて完了です。

電池が長持ちするようになった!

“46%であと約16分”→”50%であと約12時間”と、かなり改善しました。
screenshot_20161127-014326

新しいバッテリーへ交換したら、満充電の状態で20時間くらい持つようになりました。
電池が頻繁に落ちてしまう頃は、ずっと電源ケーブルに挿しっぱなし……。
バッテリー寿命を更に縮めそうな運用になってしまっていました。
バッテリーが長持ちするようになり、また携帯を持ち歩けるようになりました。

保証期限が切れているなら、自力交換はありかもしれない。

pb120052
自分で交換するとなると、公式サポートを得られなくなります。注意です。
今回の場合は、Googleに問い合わせて自分のデバイスが保証期限切れてあることを確認した上で、自分でのバッテリー交換を選択しました。
同じように悩んでいる方は、まずGoogleのサポートに問い合わせして相談してみることからはじめるのを強くオススメします。

余談。ベイエリアでオススメの携帯修理屋さん。

ベイエリアでオススメの修理業者さんは、 Shakeel the SF Repair Guy です。
別の電話の液晶を割って困ってたところ、メールで写真を送って現状を相談したら、修理の価格の見積もりを直ぐにメールで返信してくれました。また、修理の際には、その場でパーツ1つ1つの名前や特徴、はめるときの注意点を実況中継しながら修理してくれる面白いお店です。

今回もShakeelのところへ持ち込もうと考えたのですが、その修理風景が楽しそうだったので、自分でやってみることにしました。
(もちろん万が一失敗した場合は、Shakeelで諸々直してもらおうと思っていました。。。笑)