皆さんはCraigslist (クレイグスリスト)というサービスをご存知ですか?
この一見して90年代にタイムスリップしたように見える最強にダサいWebサイトは、実は月間20億PVを超えるアメリカではとても有名な超巨大コミュニティー掲示板です。実はサンフランシスコが発祥で、クレイグさんという人が95年に作りました。何のヒネリも無い名前ですね。この雑で巨大な掲示板では、レジ打ちからエンジニアの求人、不要になった日用品から家や土地までの売買、賃貸、イベント、口コミ、ご近所との情報交換、もう正直何でもありという感じで、様々な情報交換や取引が行われています。

基本は匿名の掲示板で、日本で言うところの2chみたいなものなのですが、もうちょっとローカルで実用的な取引のために使われています。誰も望んで使いたいわけじゃないのに、集まっている情報と人の数、シンプルで必要十分な機能のせいで、このオシャレなスマホアプリ全盛の世の中で「しかたなく」使われ続けています。一方で、その情報量の多さと雑さから、上手に使えばお手頃なアパートをみつけたり、車や家具、家電を驚くほど安く入手することができる心強い存在でもあります。

さて、このCraigslistで物を「買った」事がある人は結構居ると思うのですが、「売った」ことがある人は、私の身の回りにあまり多くないのではないでしょうか。(私もいままで買う専でした)
今回、愛用のドローンを売りに出すために初めて売り手としてCraigslistを利用したので、その使い方を備考録がてら、まとめておきたいと思います。

続きを読む